新井仁之のホームページ
 
キャッシュをご覧になっている場合があります.更新して最新情報をご覧ください.
       

 
  プロフィール  ENGLISH1 ENGLISH2
    ブログ(2016/7/12更新)  Twitter (Mainly Japanese) 

      錯視の科学館    
      
Science Museum of Visual Illusions  ENTRANCE
         
錯視の科学館では,数学を使って視知覚や錯覚の研究をする分野,数理視覚科学の成果をご覧いただけます.  
                 

      論文ファイルアップしました      
                 
  新井仁之 (2015) : 視覚と錯視の数理における非線形性,電子情報通信学会誌 98(11), pp.1012-1016.   
こちらからダウンロード可
                 

      お知らせ    
         
  G. Musser 氏による Living in a World of Illusion  (critical opalescence) で私の錯視と画像処理に関する研究成果が紹介されました。
   
  数学から錯視,脳,アート,そして画像処理へ 東京大学理学部ニュース 2015年1月号 こちらから読めます.
         
  科学技術振興機構『アートな科学』で錯視作品と研究が紹介されました。新作のクリスマスリースの浮遊錯視も掲載されています。詳しくはこちら。(2015/12)  
         
  文字列傾斜錯視自動生成ソフト - WEB版 - のお知らせ。詳しくはこちら    
         
  川又雄二郎・坪井俊・楠岡成雄・新井仁之編集 『朝倉 数学辞典』 (朝倉書店) 詳しくはこちら       
                 
朝倉 数学辞典
                 

視知覚と錯視の数理科学から生まれる新しい画像処理技術
    数学セミナー2016年8月号,pp. 44-50.     
                 
    数セミ表紙    
  参考サイトはこちら  
     
From Univ. Tokyo Magazine and Grants-in-Aid Sci. Research News
 
From mathematical research of visual illusions to their application in science and technology:
The World of Mathematical Vision Science
The University of Tokyo Magazine "Tansei" 26 (2003).
 
Studying visual illusion and vision throughmathematical approach 
Grants-in-Aid Sci. Research News
 

      新刊のお知らせ      
   
これまでにない新しいタイプの錯視の本が出ました. 
  写真の下側は 2015年に刊行された中国語訳です.  
錯視のひみつにせまる本
第1巻 錯視の歴史
(2013年9月刊)
第2巻 錯視の技
(2013年10月刊)
第3巻 錯視と科学
(2013年11月刊)
  詳しくはこちらをご覧ください  
     

      錯視関連の連載      
                 
  数学文化   数理視覚科学への誘い       
    数学文化(日本評論社)に連載(全6回) 詳しくはこちら      
               
               
               
               
     

      特許関連のご案内      
         
  浮遊錯視生成アルゴリズム関連の特許(発明者:新井・新井,JST)が国内のほか,米国,ロシアなど海外でも査定登録されました.
   
  各種画像像処理の特許(発明者:新井・新井, JST)が査定登録されました.
         
  ディジタルフィルタの新しい設計法の特許(発明者:新井・新井, JST)が査定登録されました.
         
  色知覚と色の逆問題に関する特許(発明者:新井・新井, JST)が査定登録されました
         
  スーパーハイブリッド画像関連特許(発明者:新井・新井, JST)が査定登録されました  
     
  文字列傾斜錯視関連の特許(発明者:新井・新井, JST)が査定登録されました.   
     
  印刷媒体,記録媒体関連の特許(発明者:新井・新井, JST)が査定登録されました  
     

      Books (Mathematics)      
       新・フーリエ解析と関数解析学      ウェーブレット    
新・フーリエ解析と関数解析学   ウェーブレット 
       
フーリエ解析と関数解析学の改訂新版です. 11/12/8 更新 
培風館. ISBN 978-4-563-01141-3  
 12/11/09更新  
    
     
               
  大学1~2年生向け            
  科学技術への応用も視野に入れた入門書.  ストーリー重視の入門書.  
  線形代数 線形代数 基礎と応用  微分積分の世界 微分積分の世界    
       
       
08/4/22 更新 06/11/4 更新     
       
                 
  大学3~4年生向け            
  面積0の不思議な図形たちの世界へどうぞ  フーリエ解析,超関数,直交関数 etc. 
  ルベーグ積分講義 ルベーグ積分講義  フーリエ解析と関数解析学 フーリエ解析と関数解析学    
     
 
11/8/8 更新 06/11/4 更新   
       
                 
  数学と科学技術の連携のために           
  分担執筆   離散フーリエ解析,Z変換,多変数フーリエ解析の入門書
  応用解析ハンドブック 調和解析とその応用 フーリエ解析学 フーリエ解析学  
     
     
  08/6/2 更新  
       
               
                 
    プリンストン解析学講義 Stein & Shakarchi 著  共訳     
                 
    第1巻 フーリエ解析入門    第2巻 複素解析      
                 
    第3巻 実解析 (翻訳中)絵        
    第4巻 関数解析(翻訳中)   
                 
    数学のたのしみ     
                 
    上野健爾・砂田利一・新井仁之編集 全13巻 詳しくはこちら     
                 

    編集    
                 
  新井仁之・小島定吉・清水勇二・渡辺治編『シリーズ 現代基礎数学 全21巻』(朝倉書店) 詳しくはこちら 
                 
  新井仁之・小林俊行・斎藤毅・吉田朋広編『共立講座 数学探検』(全18巻)、『共立講座 数学の魅力』(全14巻)、『共立講座 数学の輝き』(40巻予定) 詳しくはこちら 
                 

Books (Vision & Illusions)
 
執筆・監修   連載論説      
ウェーブレットと錯視 ウェーブレットと錯視  視覚の科学と数学  視覚の科学と数学   錯覚の数理 錯視科学 数学で探る錯視の世界
東大数理創立20周年記念刊行物
   
        数理視覚科学の初の本格的解説書.オールカラーページで,錯視図形や錯視アートも満載です.
       
                 
分担執筆   分担執筆          
ACADEMIC GROOVE  ACADECIM GROOVE 
東京大学創立130周年記念出版 
驚きの数学  社会を変える驚きの数学  数理視覚科学から生まれる新しい画像処理技術 数理視覚科学から生まれる新しい画像処理技術
       
『視覚の数理モデルと新しい
ウェーブレット・フレームの構成』
を執筆
  
『錯視の数理』を執筆  数理視覚科学の産業応用のためのガイド冊子
   
           
                 
解説執筆     分担執筆     分担執筆    
数学セミナー 数学セミナー  ナビ 東大式現代科学用語ナビ  錯視アートが本の表紙に 越境する数学
『視覚および錯視の科学における数学的方法』       
『錯視とウェーブレット・フレーム』を執筆  表紙・裏表紙の錯視アート作品
制作
『視覚と錯覚の数理科学』を執筆
   
                 
 Web 連載『目の錯覚と魔法の数学』第2回掲載! 詳しくはこちら
                 

Special Exhibitions
          
  数学資料館  入り口はこちら   数学アニメーション館 入り口はこちら
       
視覚数学 e 研究室 入り口はこちら   錯視の科学館  入り口はこちら  
       

      Miscellaneous      
          
      TeXによるカラーOHPシートの作り方       

BULLETIN BOARD 
                 
平成20年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 (研究部門) を受賞しました.受賞理由は,「視覚と錯視の数学的新理論の研究」です.  日本数学会のホームページに特集サイトが設けられました. 
              絵       
日本経済新聞で,錯視に関する新井の最新の研究成果が報道されました.(2009年2月16日朝刊, 『目の錯覚 取り除け』) 関連図版はこちら.   
             
科研費NEWS (2009年第1号)で,新井の視覚と錯視の数学的方法による研究が取り上げられました.科学新聞(2009年10月9日刊)にも再掲載されました.詳しくはこちら 科研費NEWS html版. 英語版も発行されました 英語版はこちら  
             
『論座』(朝日新聞社刊)で,視覚・錯視に関する私の研究が 特集されました.(2006年7月号, 最新!J科学『錯覚の数式』) 
                 
神奈川新聞』 (2005/10/16) の 「知の遊歩道」 で視覚に関する私の研究が 『視覚に潜む数理を探る』 として特集されました.シミュレーション画像などカラー写真も載っています.
                 
学術誌『Japanese Psychological Research 』(北岡明佳先生著の論文) などで新井の数学的方法による錯視研究成果の一部が紹介されました. 
                 
科学技術振興機構 研究領域 『数学と諸分野の協働によるブレークスルーの探索』 のロゴデザインに新井が考案したフラクタル螺旋錯視が使われました. 詳しくはこちら.  
                 
千葉県立現代産業科学館に新井の研究成果の一部が展示されました.詳しくはこちら.
                 
世界を魅せる日本の課題解決型基礎研究』(東京国際フォーラム)に成果事例として新井の錯視研究が展示されました.詳しくはこちら 
                 
中学校の教科書「未来へひろがる数学2」(啓林館)に大阪で発見した3D錯視が載りました.        
 
TV はなまるマーケット (TBS, 2011/10/12放送) で新井・新井の作成した浮遊錯視が紹介されました.
 
横浜大世界トリックアート・ミュージアムに新井・新井の作成した浮遊錯視が数点,展示されています (2012/3/16から).
 
文字列傾斜錯視自動生成アルゴリズム(新井・新井)が、次のメディアでニュースになりました:MSN産経ニュース47News 他 (2012/3/22),東京中日スポーツ,他 (2012/3/23) (共同通信社配信), とくダネ!(フジテレビ),ひるおび!(TBS)ITmedia news (2012/3/23).
 
日本経済新聞Web刊(2012年5月18日刊).で文字列傾斜錯視に関する成果が特集されました.『平行なのに傾いて見える?不思議な文字列』Google等で「不思議な文字列」で検索すると記事がヒットします.無料で閲覧できます.どうぞご覧ください.
 
日経パソコン(2012年5月28日号)の巻頭「クローズアップ」に『「傾く文字列」の自動生成に成功 目の錯覚を数学的に解明する』という題で私の研究の一部が特集されました.こちらから PC Online でご覧になれます.
 
横浜大世界トリック・アートミュージアムのシアター動画作品『錯視錯覚実験室』(新井監修)が8月4日から上映開始.詳しくはこちら
 
東京ドームシティの3Dトリックフォトスタジオ トリパラに私の研究成果の一部を紹介した「ビジュアル・イリュージョン」コーナー登場(2013/3より).詳しくはこちら
 
日本経済新聞web刊(2012年8月10日刊)で、新井による浮遊錯視スーパーハイブリッド画像ハイブリッド画像シェブルールの山と明暗の月が紹介されました.その他、古典的錯視画像も作成し提供しました。『静止画なのに絵が動く 錯視アートで異次元体験
 
日本経済新聞朝刊(2012年8月9日刊)で,新井の数理視覚科学の研究成果がカラー紙面ほぼ全面を使って報じられました.『ハートが鼓動する 数学で読み解く「錯視」
 
読売新聞(2012年9月16日刊)で、新井の数理視覚科学の研究成果がカラー紙面半面を使って報じられました.『錯視 高機能ゆえの「誤り」』
上記記事は9月23日から読売新聞医療サイト YomiDr. に公開されました.
 
JST news 4月号 (2013) に新井の研究に関する特集が載りました.『脳をだます「錯視」を数学的に解明』.詳しくはこちら.
 
2013年度の日本応用数理学会論文賞(JJIAM部門)を受賞しました.受賞論文は H. Arai and S. Arai, Framelet analysis of some geometrical illusions, JJIAM 27 (2010), 23-46 です.
     
勝井三雄展「兆しのデザイン」(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)で,新井・新井の作品が1点出品されました.レポート
      
第8回科学技術の美パネル展(科学技術団体連合主催)で優秀賞を受賞しました(2014/4/11).作品名は『花が動いて見える錯視 - 数学が生み出す錯視アート』
 
朝日新聞(2014/3/16)日曜版GLOBEの特集『脳のふしぎ』の中で新井・新井による視覚の数学的研究とオリジナル作品「朝日新聞GLOBEの浮遊錯視」が紹介されました. 
         
読売新聞朝刊(2014/2/28)のカラーページにて新井・新井による数理的方法による錯視アート作品が記事になりました.六花亭バレンタインラウンドハートと Flower Garden Illusion です.   
         
テレビ東京 ワールドビジネスサテライト「トレンドたまご」で「ゆらりえ/YURARIE」が特集.(2015年8月27日放映) 詳しくはこちら
         
六花亭のチョコレートバレンタイン・ラウンドハート』の2015年版が発売.缶蓋に新井・新井による錯視アートが施されてます. 詳しくはこちら 
         
週刊ダイヤモンド 2016/1/23号の p.57 で新井・新井の研究の一部が紹介されました.週刊ダイヤモンドの浮遊錯視アートも掲載.詳しくはこちら.
         
六花亭のチョコレートバレンタイン・ラウンドハート』の2016年版が発売.缶蓋に新井・新井による錯視アート.六花亭カタログの表紙にも.詳しくはこちら
         
           過去の「お知らせ」はこちら 

                 
    企業の方からのお問い合わせはこちら    
                 
    動画について    nothing背景について(フラクタルの動画)
 
 本ホームページの動画・図版・文などの無断転載・複製は禁止します